公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました みどり花コラム 公園”Q&A / アートコラム 咲いとWEB 機関誌「公園文化」
みどり花コラム
柿とくらし
畑の片隅の柿

畑の片隅の柿

身近な果樹の一つに柿があります。

私の住む島根県の出雲地方でも振り返ってみると、昭和30年代までは我が家を含め、庭の片隅などに柿が植えてある家が数多くあり、家々と一体となった景観を構成していたことを覚えています。

当時の住宅には、農家では南側に縁側があり、その前面は雨戸で覆う構造であったり、町家でも木の塀で囲われた典型的な木造住宅で、外壁や窓枠なども木製でした。また、家の中も障子はもとより飯台、戸棚、おひつやたらいに至るまで木製が中心でした。ですから、このような生活様式に対応し、柿は食べるだけでなく、家の雨戸や木製品などに防腐・防水効果のある柿渋液として塗布し、保護する為の原料としても活用していました。塗布するときの、あの発酵した柿渋液の臭いは今でもはっきり思い出すことができます。

また、渋柿の実は、吊るし柿用に家族で収穫し、皮を剥いて軒下に吊したり、風呂の湯で渋を抜いて近所にも配るなど、コミュニケーションツールとしても活用していたと思います。

現在では、家はアルミサッシで囲われ、建材や家具・家財もプラスチックなどの耐久性に優れた素材に置き換わり、防腐・防水対策もあえて必要がなくなりました。柿は食べる以外に利用される場面は、ほとんどなくなっています。また、柿の植わっていた場所は駐車スペースになったりしています。昔から生活文化に密着し、身近であった柿もふと気が付くと生活様式などの変化により遠ざかり、過疎地では放置された柿がクマ・サルなどの誘因植物として邪魔者扱いされている映像も良く見かけます。

今後、柿に再び生活に密着するような新たな活用法が見つかることを願うこのごろです。

(緑花文化士 三島好信)

皮を剥いて吊るされた柿

皮を剥いて吊るされた柿

区切り線