公園文化ロゴ
公園文化ロゴ
公園文化を語る 公園の達人 公園管理運営「チャレンジ!」しました みどり花コラム 公園”Q&A / アートコラム 咲いとWEB 機関誌「公園文化」
みどり花コラム
植物に親しむ
二子山古墳

二子山古墳

高山植物に詳しくても、案外道端の雑草の名前は知らないという人も多いようです。特にイネ科やカヤツリグサ科の植物まで正確に同定できる人は少ないでしょう。しかし、そんな身近な植物でもきちんと調べて種名がわかったりすると、なんとも楽しいものです。
そこで、身近な植物の世界に親しむための恰好な方法を、私の経験を元に紹介してみようと思います。その方法とは、まず独自のフィールドを決め、その区域の植物相(フロラ)を調査してみることです。あくまで素人の行う調査ですから、科学的に完璧な結果を求めるのではなく、可能な限り忠実に現存種を記録することを心がけます。そのためには、今まで気に留めなかった植物でもきちんと同定しなくてはなりません。図鑑の説明を子細に読み込み判断を下す過程を経験すると、自然と知識が蓄積され楽しさが増してきます。

私の場合、子供の頃から親しんできた近所の二子山古墳(群馬県前橋市)をフィールドにしました。この古墳には、ソメイヨシノの古木を中心に、地域の人々が下草を刈り込みながら守ってきた里山環境が残っています。おそらく何世紀にもわたって生命を受け継いできた植物もあるだろうことを期待して、調査を始めました。長辺わずか90メートルの古墳ですが、1回に30分ほどの時間をかけて歩き、2年間で55回の記録を取りました。その結果、付近では目にすることのなかった、群馬県の絶滅危惧種でもあるノカンゾウを見つけたことが最大の発見でした。オオアラセイトウをはじめとした多くの外来種が繁茂する陰で、ヨツバムグラ、ヤマハッカ、ツリガネニンジン、フユノハナワラビといった草花が脈々と遺伝子を繋いできていたのです。

カメラに収めた数百枚の写真と、221種の植物目録が私の宝として残りました。手持ちの図鑑には多少の書き込みが増え、大脳にはいくらかの知識が蓄積されたはずです。そして、なによりも楽しい思い出が残りました。高山植物を見に行くことは難しくなっても、まだまだ身近に発見の喜びがあるものです。
(緑花文化士 小林 正明)

ノカンゾウ

ノカンゾウ

作成した植物目録と使用した図鑑

作成した植物目録と使用した図鑑

区切り線